お肌にできてしまった美容の問題への対応方法

美容外科ですぐに除去

看護師

痛みも跡が残ることもない

自分の体の中で目立つところにほくろがあるのでとても気になっていませんか。特に、顔にほくろがあると他の人からもよく見えますし、話をしていてもほくろが気になってしまうことがあるかもしれません。大きなほくろや濃い色のほくろの場合はより目立ってしまいますから、ほくろ除去した方が良いかもしれません。前向きにほくろ除去を検討しているけれど、どこで除去することができるのかわからない人もいるでしょう。皮膚科や美容外科などで治療してもらえるので、一度は相談に足を運んでみてください。美容外科であれば、無料カウンセリングを行っていますから、これを利用して気軽に相談することができます。話だけ聞いてみたいということであれば、美容外科の無料カウンセリングを利用してみてください。ほくろ除去と言うと、切除しなくてはいけないということはなく、痛みであったり跡が残ってしまうことを心配する必要はほとんどありません。最近では、炭酸ガスレーザーでほとんど出血することなく、跡形もなく除去することができます。麻酔をしていますので、痛みが気になる人も安心して治療を受けることができるでしょう。小さなサイズであれば、これだけで十分治療できますが、大きさによっても違いますが切除したりくりぬいたりすることで、なるべく跡が残らないように取り除くこともできます。盛り上がっているくらい大きなサイズのほくろで困っている人もたくさんいるでしょう。これらの方法も麻酔を使いますし、なるべく傷跡が残らないように治療するので安心して治療を受けられます。
ほくろ除去と言ってもその方法は1種類しかないわけではなく、複数種類の方法があります。特によく行われている方法は炭酸ガスレーザーで、比較的小さなサイズのほくろに対応しています。ほとんど出血することがありませんし、治療時間も短くて済むために、一度に複数のほくろ除去することもできます。小さなほくろがたくさんあるのでなるべく少なくしたいというような時には特に良い方法かもしれません。もちろん、小さなほくろを一つだけ取り除きたいという場合にも良い方法です。くりぬき法は、ほくろの部分だけをメスを使って綺麗にくりぬいてしまう方法です。通常はくりぬいた後はこのままの状態にしておきますが、大きなほくろをくりぬいた場合は巾着の原理で穴を少し閉じておきます。今では炭酸ガスレーザーを用いる方法が主流ですが、ほくろを病理検査したい場合はくりぬき法を行うこともあります。切除縫合法は、ほくろを切除するだけではなく、周辺の皮膚を引き寄せて縫合する方法です。この方法ならば、完全にほくろを除去できるために再発する可能性がとても少なくなります。くりぬき法とは違って縫合するために、早く治癒するメリットもあります。それぞれの方法は、大体1〜2週間くらいで傷が閉じます。炭酸ガスレーザーが主流とは言え、大きなサイズであったり場所によってくりぬき法や切除縫合法を選んだ方が良いこともあります。それぞれの方法にメリットがありますから、自分が除去したいほくろによってどの方法を選ぶべきかをよく考えて医師と相談した上で治療してください。

Copyright© 2019 お肌にできてしまった美容の問題への対応方法 All Rights Reserved.