お肌にできてしまった美容の問題への対応方法

痛みがないレーザー治療

治療を受ける人

数が多い場合でも同時に治療出来る

目立つ部分に出来てしまったほくろは、レーザー治療で除去してしまえば、外出のたびにコンシーラーなどで隠すよりも手間がかからなくなります。特にほくろの数が多い場合には、コンシーラーで毎回隠すよりも、まとめてレーザー治療で除去してしまうのが効率的です。クリニックで行なっているレーザー治療のプランの中には、複数個まとめて除去出来るプランを導入しているところも増えています。同じ日に一気に治療が出来るので、仕事や学校などで忙しく通院できる日にちが少ない方にもオススメです。料金は保険外になりますが、それほど治療費がかからないため医療ローンなど組まなくても気軽に行うことが出来ます。これまでは、部分隠し専用のコンシーラーやファンデーションを駆使して隠していたという場合は、一度レーザーで除去してしまえば薄化粧でも外出しやすくなります。長い目で見ると、いくつもの化粧品を組み合わせて隠すメイクをするより、コストもかからなくなり経済的です。また、使用する化粧品の数も減るので、毎日のメイクにかかる時間もかなり減少し外出するのが楽になります。気になるほくろがなく素顔が綺麗になっていれば、旅行時に持っていく道具が少なく済み、身軽な状態で旅行を楽しむことが出来るでしょう。気がついたら大きくなり始めていたものの場合には、レーザーで治療できるサイズのうちに対処しておくと安心です。早めの対処をすることで、美容面だけではなく病気になる可能性を防ぐことも出来ます。初期状態のものであれば根が浅く簡単に治療できるので、クリニックに相談するのが大切です。
皮膚の表面上だけに出来ているほくろの場合は、レーザーで浅く除去するだけでも再発する可能性が低いため、対処しやすくなっています。小さいサイズのものが複数顔に出来ている場合でも、表面に出来ている状態であれば一日のうちに除去することもでき安心です。刺激の少ないレーザーなので痛みを感じることなく治療できますが、クリームタイプの麻酔を塗ることで、痛みに敏感な方でも気にならない状態でレーザーを照射することが出来ます。治療後数日間は患部を刺激しないようにしておくだけで、自然とかさぶたになるため、アフターケアも楽になっています。根の浅い状態のほくろであれば、短時間でまとめて除去することもでき、痛みもほとんどなく治療しやすく好評です。治療後から数日で徐々にかさぶたになり、一週間から十日間ほどでかさぶたが剥がれてくるので、跡が残ることはありません。クリニックによっては、除去後の皮膚が綺麗な状態になるように専用の薬を処方してもらえるので、美容の面でもケアが出来ます。皮膚の色に近いテープを処方する場合もあり、思わず引っ掻いてしまうなどで患部を刺激しないように工夫されています。現在行われている治療方法で人気の高いものは炭酸ガスを使用したレーザーによる除去方法で、一箇所につき五分から十分ほどの短時間で照射することが出来ます。治療後に出来るかさぶたもほくろのサイズに近い小さなサイズのものなので、目立ちにくく気にならない程度です。かさぶたは自然と剥がれてしまうため、剥がれた後は自分で様子を見ながら通常通りメイクを行うことも出来ます。

Copyright© 2019 お肌にできてしまった美容の問題への対応方法 All Rights Reserved.